黒木瞳 愛娘が学校でイジメ?・国内・海外の芸能・アイドルのなにかと気になる話題を独自の視点で書いてみます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒木瞳 愛娘が学校でイジメ?


昨今のイジメ問題で、芸能人が学生時代にイジメに合っていたことを告白したり、政府のイジメ撲滅に倖田來未を起用するなどしているが、名門、青山学院初等部で超大物女優Aの娘Bちゃんがイジメを受けているという。その大物女優はずばり、ああの人しかいない。
週刊現代によると――
在校生の母親の一人、Cさんが語る。
「Bちゃんが学校から帰ろうとしたら、靴がなくなっていて、仕方なく上履きのまま帰ったことがあったそうです。ほかに体操着を隠されたという話も聞きました」
友達の物を隠す行為は、小学生にありがちな軽いいたずらだと考えらえないこともない。
しかし、どうやら事態は簡単には見過ごせないようだ。
「Bちゃんは勝気な性格なんですが。それが災いしてか、周囲から浮いた存在になっているようです。子供に聞いたら『みんなに無視されてる』『仲間はずれに されている』って言うんです。たとえば友達同士で遊んだりするとき、Bちゃんがあるグループに付いて行こうとすると『なんで付いてくるの?』と言われた り。中にはBちゃんと仲良くしようとすると、自分の立場が危うくなると不安に思っている子もいるようです」(Cさん)
「Bちゃんは劇や運動会など催し物があると、率先して立候補するような積極的なタイプで、それが周囲の子供からすればカチンとくるのかもしれません。先生 がBちゃんに決めると、『なんでBちゃんなの?○○ちゃんはダメなの?』とブーイングが起こったそうです。子供にしてみれば、親が女優だから選ばれると 思ってしまうようですね」(別の保護者Dさん)
(ここまで引用)

しかも、このイジメの原因は、「週刊現代」によるとBちゃんの家の人並み外れたセレブな行動からきているという。車での送り迎えを禁止されているのにジャガーで迎えにきたり、他の子とはあきらかに様子が違う豪華なお弁当だったりと、Bちゃんは学校で浮いているという。

これが事実なら、イジメの原因はほかならぬ母親の常識外れた行動からきていることになる。
週刊現代は、この大物女優Aのヒントとして、映画、ドラマ、舞台、CM出演と多忙を極める、日本を代表する女優だとしており、「教育熱心なことでも知られていおり、仕事と子育てを両立する理想の母としてメディアに取り上げられることも多い」という。
子供が青山学院初等部でこれらの特徴が当てはまる女優といえば、黒木瞳しか思い当たらない。理想の母親というイメージをうたっていた黒木だが、私生活はまるっきり反対のようだ。(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 芸能・アイドル 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。