NHK逮捕アナ 業界での評判・国内・海外の芸能・アイドルのなにかと気になる話題を独自の視点で書いてみます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK逮捕アナ 業界での評判


酒癖の悪さは局内でも評判だったそうだ。強制ワイセツで現行犯逮捕されたNHKのエロいアナウンサー、高橋徹(41)のことである。 高橋は朝の「おはよ う日本」の中継リポーターを担当。逮捕された8日は休みで、昼ごろから友人と酒を飲み、夜10時頃、前を歩いていた女性に後ろから抱きつき、胸に触って御 用になった。大バカ者である。 NHK関係者がこう言う。「彼はとにかく酒が入ると人が変わっちゃうんです。
飲みだすと部下の頭をポカッとやったり、無理難題を吹っかけたりするから、一緒に酒を飲みに行くのを嫌がる人も多かったね。でも、女に手が早いという話は聞かなかったけど……。抱きついて胸を触ったというので驚きました」

 高橋は東京都立大を卒業後、91年にNHKに入局。初任地は大分放送局で、ここで高橋の“酒色人生”がスタート。フグや城下ガレイ、豊後牛を食いまくったようだ。地方におけるNHKの威光は絶大で、接待も多かったのではないか。

 その後は松山放送局を経て、03年に東京の放送総局に“栄転”。前途洋々だった。

「NHK で都立大出身者は珍しいし、ランクが上の“拠点局”の松山に異動でき、さらに東京の放送総局で朝の“看板番組”に起用されたのだから、かなり評価が高かっ たのでしょう。アナウンサーの中には放送中に極度に緊張し、番組が終わると解放感からハメを外す人がいる。彼もそんなひとりでした」(放送関係者)

 高橋は単身赴任で、東京都世田谷区のNHKの職員寮に住んでいる。家族は今度の事件にどんな思いだろうか。

 先頃、セクハラ局長が解任されたばかりのNHK。ハレンチ事件は終わりそうもない。

(引用:ライブドアニュース


スポンサーサイト
Copyright © 芸能・アイドル 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。