遺産も借金もなし「ゼロ」からスタートする若村麻由美・国内・海外の芸能・アイドルのなにかと気になる話題を独自の視点で書いてみます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺産も借金もなし「ゼロ」からスタートする若村麻由美


先月、夫で宗教法人「釈尊会」会長の小野兼弘氏を54歳の若さで亡くした若村麻由美(40)。発売中の「女性自身」が彼女の近況を伝えている。

 同誌によると、小野会長が若村の手元に残した“財産”は、小野会長の両親の写真1枚だけだという。

  小野会長は約3億円の返還を求めて身内に訴えられたり、都内の料亭から約6000万円の未払いで訴訟沙汰になったりと金銭トラブルが絶えなかった。このた め、週刊誌が「若村には借金だけが残った」と相次いで報じたが、若村は〈もともと遺産を相続する意思はなかった〉と明かしている。

実際、彼女は東京家裁に相続放棄の申述書を提出した。若村の元には会長の資産も負債も残らないことになる。

 また、小野会長の死去 後、登山家・野口健氏(33)が若村の新たな交際相手と報じられた。これについて若村は否定している。つまり、今の若村はオトコもカネもないということに なる。まさにゼロからのスタートだ。女ひとり、厳しい状況の中でこれからどうやって生きていくのか心配になってしまうのだが……。

「ヘアヌード写真集に挑戦すれば、経済的な問題は一発で解消しますよ」とは、出版プロデューサーの高須基仁氏。

「お びえたような若村の目は、10人中9人の男性の“加虐性”を刺激します。不謹慎かもしれないけど、未亡人となった彼女が、あの巨漢の僧侶と床の中で何をし ていたか、想像するだけでドキドキものです。“マゾヒズム”を題材にした写真集を発売したら爆発的に売れ、若村の懐には巨額の印税が転がり込むことでしょ う。さらにマゾキャラが定着すれば、彼女が映画や演劇で引っ張りダコになるのは確実。“マゾ女優”として不動の座を手にできるはずです」

 誰もがこれからの若村に注目している。

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 芸能・アイドル 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。