長渕剛 "本物の男たちの宴"・国内・海外の芸能・アイドルのなにかと気になる話題を独自の視点で書いてみます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長渕剛 "本物の男たちの宴"


昨日8日、東京・恵比寿のウェスティンホテルにて、長渕剛が自身の約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『Come on Stand up!』のリリースに向けてのコンベンションを開催しました。長渕はその新作の収録曲を業界関係者に聴かせながら、自身が惚れ込んでいる男の中の男である “本物”を次々とステージに上げ、熱いトークを展開。
まずは、今年の頭に東京ドームで大スペクタルショー【太陽の船】を開催し、その中で長渕剛に全身全霊のライブパフォーマンスをさせた男・世界の山本寛斎が登場し、「長渕剛は世界で通用する男」と賞賛。そのときは自分も協力することを約束しました。

  その後も旧知の親友で、新極真会の代表を務める緑健児、モンゴルから単身で日本に乗り込み、横綱となった男・朝青龍、元WBA2階級制覇世界チャンピオン で、現在はボクジングジムを営む戸高秀樹、K-1 WORLD MAXを極めた格闘家・小比類巻貴之と、本物の王者達と語り合い、互いの友情を再確認。

  また格闘家界以外にも長渕剛の肉体を10年掛かりで今の強靱な肉体に変えた男、トレーニングセンター・サンプレイの宮畑豊会長、映画『バトル・ロワイアル II 【鎮魂歌】』で巨匠・深作欣二の跡を継ぎ、映画監督としての才覚を世間に知らしめた深作健太、世界最高峰の外科医にして、長渕剛の東京の父とも言える名誉 教授らとも愛情溢れる会話を堪能。

 宴の最後は、突然、長渕剛がニューアルバム『Come on Stand up!』のタイトル曲を熱唱!男の中の男達、そして本当に自身を愛してくれている、そして愛すべき人々に向けて、“本物”の歌を響かせてくれました。長渕 剛はこの日に養った鋭気と共に今月16日にリリースされる新作のプロモーションにこの先しばらく奔走します。

 (引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 芸能・アイドル 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。