日本人 SEXに"刺激を感じず"・国内・海外の芸能・アイドルのなにかと気になる話題を独自の視点で書いてみます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人 SEXに"刺激を感じず"


世界で最もセックスの回数が少ないのは日本人―。シドニーで開かれた「世界性の健康会議」で、日本をはじめとするアジア各国の国民は、他の大陸の国民より セックスへの関心が薄いとの世論調査結果が公表された。≪写真は上海で見詰め合うカップル≫ 調査は、コンドーム大手デュレックスが26カ国・地域の2万 6000人以上を対象に実施した。それによると、セックスの年平均回数は106回。最高はギリシャの164回、日本は48回で最低だった。
「セックスは刺激的だと思うか」との質問でも、日本は「思う」との回答が10%で最低。トップはナイジェリアの78%で、平均は49%だった。香港 32%、オーストラリア40%、シンガポール41%、タイ42%、ニュージーランド43%など、アジア・太平洋諸国は軒並み低くなっている。
  セックスにかける時間が最も短かいのは、インドで1回当たり13.2分。最長はナイジェリアの24分、平均は18.3分で、日本は平均を大きく下回った。 また、「常に絶頂に達するか」との質問に対し、「達する」との回答が最も少なかったのは中国と香港でそれぞれ24%。日本が27%で続いた。
 「セックスは自分にとってとても大切」と考えている人は、平均で59%。最低はタイの38%で、日本は下から2番目の39%だった。

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 芸能・アイドル 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。